太産工業株式会社の自社開発製品である電磁ポンプは、半世紀以上の歴史と共に全世界の人々の生活に欠くべからざる製品 となって参りました。そして更により多機能、高精度、高品質、長寿命、そして環境対応等を含めそのニーズは広がっております。 その第一の用途は、「油バーナ用圧力形電磁ポンプ」で最も熱エネルギーコストの低い燃料用灯油を高圧噴霧燃焼し、油バーナ として温水・熱風に効率的に交換し、そのエネルギーを得る方法であります。幅広い規格のJIS1号灯油又世界規格の燃料油を あらゆる環境下で使用し、その油経路は、直接ポンプ本体を流路として使用する為に、その品質・性能・耐久性は高度なものが 常に要求されています。その為、機能部品として採用されております。電磁ポンプの品質は刻々と変わる環境の変化に対応する 必要性があります。顧客からのニーズの変化に即対応する為にも創業60周年の記念事業として全社統一の品質マネジメントシ ステムJIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)の認証取得にチャレンジし、2003年に取得する事が出来ました(現在、JIS Q 9001:2008(IS O 9001:2008)へ移行) 。全社員一同がこの品質マネジメントシステム規格要求事項並びに当社標準(TIS)のに伴い、TAISAN QMS システム維持する共に継続的な改善を行い、日常業務のツールとして有効的に活用することにより、顧客満足と電磁ポンプを数多 く世に送り出す事に生きがいと夢を感じつつ、更に大きく世界へと見出して参ります。
太産工業株式会社、並びに株式会社太産企業商事は安全で高性能、高品質な製品を生産・提供することでお客様の生産活動に 貢献し、お客様が満足される製品開発に取組んでいます。 より安全で高性能、高品質な製品をこれからもお客様へ継続的に提供し、 お客様との信用を築きあげていくため妥協をしない品質対応を目指し、下記の品質マネジメント活動を日々推進して参ります。